Home > 中性脂肪とコレステロール

中性脂肪とコレステロールの関係

中性脂肪とコレステロールは同じ様に扱われてごっちゃになることが多いですが、中性脂肪は善玉コレステロールを減少させ、悪玉コレステロールを増やす原因となることから、減らした方が良いとされているものです。

具体的には、中性脂肪が体内に増えると、リバーゼとよばれる消化酵素の一種が効果を発揮できなくなり、善玉コレステロールが増えなくなります。善玉コレステロールは悪玉コレステロールの数をコントロールしているので、善玉コレステロールが増えないことで、悪玉コレステロールが増えてしまうのです。

そして、悪玉コレステロールが増えると、血液がどろどろとなり、血管の壁に悪玉コレステロールが付着して血管が詰まったり、血栓ができたりして脳梗塞や心筋梗塞を起こすから危険だと言われているのです。

コレステロール値を減らしたい場合に、コレステロールを減らしてくれるものを摂ったり、コレステロールを含まない食品を摂取するようにしたりすることも良いですが、中性脂肪値が高いままだと、いつまでたっても善玉コレステロールが増えないので、悪玉コレステロールが吸収されることなく存在し続けてしまいます。

コレステロール値が高いと言われた場合には、中性脂肪を減らす食事や運動にも気を使っておかないと、なかなかコレステロールが下がってくれないので気をつけましょう。また、中性脂肪自体にも、肥満による糖尿病を招いたりといった悪い部分があるので気をつけたいところです。

Copyright © 中性脂肪を下げる方法ガイド All rights reserved