Home > 中性脂肪が高くなる原因

中性脂肪が高くなる原因

中性脂肪が高くなる原因は、脂肪だけあって、脂分の摂りすぎが一番の原因と言えます。

脂分の多い食品は、体内に入った後に、肝臓で中性脂肪に変えられ、エネルギーの源の役割をします。この肝臓が中性脂肪に変える働きがよく働く人は、太り易い体質とされており、たまに食べても太らないという人は、この肝臓の働きがうまく行っていない人だと言えるでしょう。

本来食べ過ぎた脂分などは、野菜の中に含まれる食物繊維などが結合して、体外へ輩出してくれます。油っぽい食べ物には野菜が添え物として合っていたりするのは、体が油を摂る際には野菜も欲するように出来ているからです。

中性脂肪が高い人の中には、野菜が苦手で野菜を食べない人もいますが、野菜を摂ることは中性脂肪を減少させることに直結しているので、野菜を摂るようにしましょう。

また、中性脂肪が高くなる原因として運動不足が挙げられます。中性脂肪というのは、基本的にエネルギー源ですから、エネルギーを使うと脂肪酸が消費され、その脂肪酸の元である中性脂肪も消費されます。しかし、運動をしないと中性脂肪は余ったままなので、体外へ輩出される以外になくなりようがありません。

中性脂肪が高くなる原因としては、基本的にこの中性脂肪の摂りすぎと、中性脂肪の使用不足、中性脂肪の輩出不足の3つが主な原因と言えるでしょう。

ですから、中性脂肪を高くしないために、中性脂肪を摂りすぎず、中性脂肪をよく使用して、中性脂肪を輩出するようにすることが大事だと言えます。

Copyright © 中性脂肪を下げる方法ガイド All rights reserved