Home > 中性脂肪が高いとどうなる?

中性脂肪が高いとどうなる?

中性脂肪値が高いと、血液が詰まって脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病の原因となります。

血液中に中性脂肪が多く含まれている場合、悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らすので、血液がどろどろと粘着性の強いものとなり、血管の壁などにひっつきやすくなったり、血管に詰まったり、血栓ができやすくなります。

そのため、血管にだんだんと詰まったところや、血流の悪い部分が多くなり、いつかそれがつもりに積もって脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすのです。

中性脂肪の怖いところは、特に痛み等がなく、徐々に進行していって、ある日突然起こるという点です。脳梗塞や心筋梗塞は致死率も高いですが、命が助かった場合でも障害が残ることが多い点も、怖いところです。

中性脂肪値が高いと通常どうしても肥満になってしまうので、糖尿病にもなりやすくなります。

また、肥満体系でない人でも、中性脂肪値が高い人は存在します。これは体質の問題で、こういった人は自分は体重も適正だし大丈夫だと思って、アルコールや油を多量摂取してしまいがちなので、特に注意が必要となってきます。

高脂血症などは一度なるとなかなか薬などを飲んでも治りにくい病気なので、日頃から野菜や青魚などを食べて予防しておくにこしたことはありません。

中性脂肪値が気になる方は、病院で簡単に測ることができますので、定期的に病院等で中性脂肪値を測ってみて自分は大丈夫か調べることをおすすめします。

Copyright © 中性脂肪を下げる方法ガイド All rights reserved