Home > 中性脂肪を下げる薬

中性脂肪を下げる薬とは

中性脂肪を下げる薬とは、簡単に言うと化学物質で体内に働きかけ、中性脂肪を吸収しにくくしたり、蓄積しにくくする薬です。

しかし、中性脂肪値を下げるのは本来運動と食事による治療が自然で良いとされているので、中性脂肪値が危険な値の人や、動脈硬化が疑われる人、中性脂肪値がなかなか下がらない人などが主に服用することになります。

中性脂肪を下げる薬は効果が高い分、副作用もあり、胃腸や肝臓の障害などが起こることがありますので、運動や食事に普段から気をつけて、薬があるからといって中性脂肪値を上げないようにしましょう。

具体的に中性脂肪を下げる薬にはどのような効果があるかと言うと、肝臓で作られる中性脂肪の生成を抑える効果と、中性脂肪の体外への排出を促進する効果、中性脂肪を溜め込まないようにする効果があります。

肝臓などはデリケートな機関ですので、どの効果も即効果が出るという代物ではなく、ある程度長期的に服用することで徐々に効果が出るといったものとなっています。

中性脂肪を下げる効果のある薬には、コレステロールを下げる作用もあるものが多くあり、中性脂肪と一緒にコレステロールも減らしたい場合にも有効です。

薬は確かに効果があるのは認められているのですが、なるべく薬に頼らず、頼ったとしても補助的なものに留めて、なるべく野菜を摂り脂質を抑える食事療法と、有酸素運動を20〜30分継続的に行う運動療法を中心に健康維持するのが理想と言えるでしょう。

Copyright © 中性脂肪を下げる方法ガイド All rights reserved